リノベーション中に仮住まいは必要?探し方のポイントや注意点をご紹介の画像

リノベーション中に仮住まいは必要?探し方のポイントや注意点をご紹介

リフォームコラム

リノベーション中に仮住まいは必要?探し方のポイントや注意点をご紹介

ご自宅でリノベーションをおこなう場合、工事の内容によっては仮住まいが必要になります。
実際にどんなリノベーションをする場合は仮住まいが必要なのか、どうやって仮住まいを探せば良いのかがわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、リノベーションで仮住まいが必要になるケースをはじめ、探し方のポイントやかかる費用など、リノベーション前に知っておきたい情報をご紹介します。

この記事の執筆者

このブログの担当者  木下 康裕

株式会社キーポイント代表取締役
タワマン・マンション・戸建て・土地・事業用の不動産売却・購入をご担当させて頂きます。不動産経験15年以上、大手不動産会社出身の担当者がワンツーマンでお客様の不動産売却をお手伝いします!!私は一度きりのお取引で終わるのではなく末永くおつきあい頂ける仲介を目指しております。不動産のことなら、お気軽にご相談をお待ちしております。

リノベーションで仮住まいが必要になるケース

リノベーションで仮住まいが必要になるケース

ご自宅のリノベーションをする際に仮住まいが必要かどうかは、工事の内容によって異なります。
以下の条件を参考に、リノベーション中でもご家族の生活が成り立つかどうかを考えて仮住まいを用意するかを決めると良いでしょう。

規模が大きいリノベーションをする

大規模なリノベーションをおこなう場合は、仮住まいが必要です。
仮住まいが必要な大規模なリノベーションとして、以下のような例が挙げられます。

●内装をすべて作り変える工事
●住宅設備をすべて入れ替える工事
●家全体のリノベーション


これらの工事は規模が大きく、工期が数か月になることも少なくありません。
工事期間中も住み続けるのは現実的ではないため、仮住まいを用意したほうが良いでしょう。

工事によって生活に支障が出る

規模の大きなリノベーションでなくても、工事によって生活に支障が出る場合は仮住まいを用意するのがおすすめです。
たとえば、キッチンやお風呂などの水回りが使えずに不便だと感じる場合は、仮住まいを用意すればストレスを軽減できます。
工事の騒音や人の出入りが気になる場合も、仮住まいを用意したほうが快適に過ごせるでしょう。
また、小さなお子さまや高齢者の方が住んでいる住宅でリノベーションをする場合は、できるだけ仮住まいを用意するのがおすすめです。
工事期間中は住宅の周囲や室内に工具や材料が置かれるなど、事故のリスクが高い状況になってしまいます。
思わぬ事故を防ぐためにも、ご家族に危険が及びそうな場合は仮住まいを用意したほうが良いでしょう。
実際に仮住まいが必要な状況になるかどうかは、工事が始まる前にはわからないこともあります。
仮住まいを用意すべきか迷ったら、リノベーションをおこなう施工業者に相談して決めるのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に権利証を紛失したらどうなる?売却方法と注意点を解説

リノベーション中の仮住まいを探すときのポイントと注意点

リノベーション中の仮住まいを探すときのポイントと注意点

仮住まいとして利用できる物件は数があまり多くないため、ポイントを押さえて探すことが重要です。
仮住まいを探す際のポイントと注意点をご紹介します。

ポイント①仮住まいの期間を確認する

仮住まいを探す際には、まずリノベーションの工期を確認しましょう。
仮住まいにはさまざまな選択肢がありますが、どの選択肢が適切かは仮住まいを利用する期間によっても異なります。
工期が延びる可能性もあるため、余裕を持った契約期間を設定できる仮住まいを選ぶと安心です。

ポイント②仮住まいにかかる費用を確認する

仮住まいでは、家賃だけでなく引っ越し費用などさまざまな費用がかかります。
予算をオーバーしないためにも、家賃だけでなくさまざまな費用も含めた金額を確認しておきましょう。
たとえば、賃貸物件を仮住まいとして利用する場合は、敷金・礼金がかかるケースがあります。
敷金・礼金がかからない賃貸物件もあるので、なるべく費用を抑えられる方法がないか調べるのがおすすめです。

ポイント③広さと間取りを確認する

仮住まいを選ぶ際には、ご家族全員が快適に生活できる広さと間取りになっているかどうかを確認しましょう。
生活に支障が出ないかどうかはもちろん、ご自宅から持ち出す荷物が収納できるかどうかも重要なポイントです。
もし荷物が入りきらない場合は、トランクルームなどを活用するのも良いでしょう。

仮住まいを選ぶ際の注意点

仮住まいを選ぶ際に注意したいのが、物件探しのスピードです。
仮住まいが可能な物件はあまり数が多くないため、直前になって探しはじめると希望どおりの物件が見つからないおそれがあります。
希望に沿った物件を見つけたらすぐに決められるよう、希望条件を事前に整理して仮住まい探しを始めると良いでしょう。
また、ペットと一緒に仮住まいに移る場合はとくに注意が必要です。
ペット可の物件は少ないため、選択肢が少なくなってしまうおそれがあります。
さらに、もしペット可の物件が見つかっても、家賃や原状回復費用などが通常より高額になってしまう可能性が高いです。
ペットは仮住まいに連れて行かずにペットホテルを利用する、知人に預けるなどの方法を視野に入れておくことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産所有者が入院していても売却は可能!売却方法を解説

リノベーション中の仮住まいの種類とかかる費用

リノベーション中の仮住まいの種類とかかる費用

リノベーション中の仮住まいとして利用できる物件には複数の種類があり、それぞれに特徴やかかる費用が異なります。
仮住まいで快適に生活できるよう、ご家族に合ったものを選びましょう。
仮住まいの種類と、種類ごとにかかる費用の目安をご紹介します。

賃貸物件

一般的な賃貸物件を仮住まいとして利用することも可能です。
ただし、1年~2年の長期契約を前提とした物件が多く、短期間で解約すると違約金が発生するケースもあるので注意しましょう。
また、賃貸物件では敷金・礼金のほか仲介手数料や保証会社の費用などがかかるため、初期費用が高額になるケースが多く見られます。
さらに、入居後には家電やインターネット環境などもご自身で用意しなければなりません。
もし家賃10万円の賃貸物件を半年間借りた場合、初期費用と家賃だけで少なくとも90万円がかかります。
この費用にくわえて引っ越し代金や退去時の原状回復費用などがかかるおそれがあるため、費用はより高額になってしまうでしょう。
仮住まいでの生活が長期間になる場合や、ご家族の人数が多く持ち出す荷物が多い場合などにおすすめです。

マンスリーマンション・ウィークリーマンション

週単位や月単位で借りられるマンスリーマンションやウィークリーマンションも仮住まいとして利用できます。
初期費用が高額になりがちな賃貸物件とは異なり、家賃以外の出費は契約手数料と清掃料程度で済むのが大きなメリットです。
賃料は1日5,000円ほどと割高ですが、家具家電やネット回線完備、光熱費込みの物件が多く、初期費用の負担が抑えられます。
ただし、単身向けの物件が多いため、ファミリー層には不向きである点がデメリットです。
さらに、賃料が割高なので、借りる期間が長くなればなるほど負担が大きくなってしまいます。
少人数で短期間利用する場合にはおすすめだと言えるでしょう。

ホテル

生活に必要な設備がそろっているホテルは、初期費用を用意せずに仮住まいとして利用できます。
宿泊代金以外の費用がかからず、立地条件が良いところも多くあります。
しかし、ホテルは人数分・宿泊日数分の料金がかかるため、期間が長くなると出費が増えてしまうのがデメリットです。
もし1人あたり1泊1万円のホテルに3人で1週間滞在した場合、21万円の費用がかかります。
さらに、ホテルには家具などを持ち込めないため、リノベーション中のご自宅から家具を出す場合はトランクルームなどを利用しなければなりません。
持ち出す荷物が少なく、数日程度の短期間で終わるリノベーションの仮住まいとして利用すると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却におけるバーチャルステージングとは?メリットとやり方を解説

まとめ

ご自宅のリノベーションの規模が大きく生活の支障になる場合には、仮住まいの用意が必要です。
仮住まいを探す際には、ご家族が快適に過ごせるかどうかや費用は問題ないかなどを考慮して物件を選びましょう。


”リフォームコラム”おすすめ記事

  • 箇所別!マンションの防音リノベーションの工事内容と費用目安の画像

    箇所別!マンションの防音リノベーションの工事内容と費用目安

    リフォームコラム

  • ナチュラルテイストのリノベーション!空間づくりの魅力やポイントをご紹介の画像

    ナチュラルテイストのリノベーション!空間づくりの魅力やポイントをご紹介

    リフォームコラム

  • リノベーションに取り入れたいミッドセンチュリーとは?コツもご紹介の画像

    リノベーションに取り入れたいミッドセンチュリーとは?コツもご紹介

    リフォームコラム

  • リノベーションするなら和モダン?和モダンの魅力やポイントをご紹介の画像

    リノベーションするなら和モダン?和モダンの魅力やポイントをご紹介

    リフォームコラム

  • リノベーションは打ち合わせが重要!流れやポイントとは?の画像

    リノベーションは打ち合わせが重要!流れやポイントとは?

    リフォームコラム

  • ワンストップリノベーションとは?メリット・デメリットをご紹介の画像

    ワンストップリノベーションとは?メリット・デメリットをご紹介

    リフォームコラム

もっと見る