不動産売却におけるバーチャルステージングとは?メリットとやり方を解説の画像

不動産売却におけるバーチャルステージングとは?メリットとやり方を解説

売却コラム

不動産売却におけるバーチャルステージングとは?メリットとやり方を解説

不動産売却をお考えの方は、物件を魅力的に見せる工夫を凝らし、内見に来てもらえるように購入希望者にアピールすることが大切です。
バーチャルステージングとは、ほかの物件と差別化できる不動産販売の手法です。
不動産売却を検討している方は、宣伝効果が高いバーチャルステージングを利用してみませんか?
今回は、バーチャルステージングとはなにか、メリットとやり方について解説します。

不動産売却に有利!バーチャルステージングとは?

不動産売却に有利!バーチャルステージングとは?

不動産の売却をするときは、いかに物件の魅力を引き出した宣材写真が撮れるかどうかが重要なポイントになります。
物件探しの主流のやり方は、インターネットや不動産会社で物件情報を収集することでしょう。
内見する物件の候補を絞る際に、築年数や面積などの情報以外に鍵となるのが、物件の宣材写真です。
バーチャルステージングをおこない魅力的な物件の宣材写真を掲載することで、多くの方の目に留まり、問い合わせが増えることや短期間での成約が期待できます。
バーチャルステージングはどのようなサービスかを見ていきましょう。

バーチャルステージングとは?

バーチャルステージングとは、コンピューター技術を利用して、空き部屋に家具やインテリアの小物をCG(コンピュータ・グラフィックス)の技術で合成するサービスです。
何もない状態の部屋と、バーチャルステージングを利用した写真を見比べるとその差は歴然だと感じるでしょう。
バーチャルステージングは、ホームステージングのサービスの1つです。
ホームステージングとは、空き家に家具やインテリアを実際に配置して、内見の際に空間のイメージを持たせやすくするものです。
プロによってコーディネートされた室内は、購入希望者に住んでみたいと感じさせるため、成約への後押しとして効果があるでしょう。
ホームステージングは短期成約の実現というメリットがあるものの、コストや手間がかかることがデメリットです。
1970年代にアメリカで普及し、その後ヨーロッパにも広がった販売手法ですが、日本においてはデメリットを上回る費用対効果が得られず、一般には普及しませんでした。
そこでホームステージングの新たなやり方として、バーチャルステージングが注目されるようになりました。
バーチャルステージングは、ホームステージングと比較してコストや手間が最小限な販売手法でしょう。
低コストにも関わらず効果が高いという点で、不動産売却をおこなう方の関心を集めています。

オンラインでの不動産取引に対しても有効

近年、内見や物件紹介をオンラインでおこなう企業が増加していますが、そのような状況においてもバーチャルステージングは効果があると期待されています。
実際に足を運ばないとなると、成約するかどうかの判断材料として、イメージ写真の影響の比重は大きくなるでしょう。
できるだけ物件に足を運ぶ回数を最小限にしたいと思う購入希望者が多いなかで、バーチャルステージングは一層有利に運ぶのではないかと推測されています。

不動産売却に有利!バーチャルステージングのメリットとは?

不動産売却に有利!バーチャルステージングのメリットとは?

バーチャルステージングとは、不動産売却で求められる「問い合わせの増加」と「早期売却」が期待できる販売手法です。
不動産売却をおこなうときは、売却活動が長期に及ばないように工夫することが必要です。
物件が成約できずに売却活動が長引くと、不動産の維持管理費用がかかることや、物件が売れ残りになって評価が下がることなど、デメリットが生じるでしょう。
不動産売却をお考えの方は、バーチャルステージングを一度検討してみても損はないでしょう。
ここでは、バーチャルステージングのメリットを3つご紹介します。

メリット①費用対効果が高い

これまでのホームステージングは家具のレンタル費用や搬入などにかかる人件費によって、利用するには20〜30万円ほどの費用が必要でした。
しかしバーチャルステージングであれば、家具の移動や人の作業が減るので、費用は5分の1ほどに抑えられます。
バーチャルステージングの作業は、物件の写真を撮り、パソコン上で合成作業をするだけなので、これまでのホームステージングと比べて作業負担は大きく軽減します。
そしてバーチャルステージングをおこなうと他社の物件と差が付けられるため、問い合わせが多くなる可能性が見込めるでしょう。
バーチャルステージングのメリットはホームステージングと比較してコストが抑えられるうえに、効果が期待できることだと言えます。

メリット②手間が省ける

2つ目のメリットは、依頼者の手間が省けることが挙げられます。
作業は物件を撮影する1回きりで、1時間ほどで完了するでしょう。
その後、担当者とイメージを擦り合わせて、写真が完成します。
ホームステージングの場合は、家具の搬入に立ち会いが必要なので、丸1日費やすことになるでしょう。
物件が空き家ではなく、ご自身の家具が置いてある場合は、最初に家具を搬出して、撮影後に入れ直すという作業も必要になります。
バーチャルステージングは家具が残っていてもCG加工で消すことが可能なので、物理的な作業が大幅に削減できるでしょう。
ホームステージングだと、家具の搬入時に物件が傷つかないかなど、神経が張り詰めることも考えられますが、バーチャルステージングであればそのような心配も不要です。
手間や時間を削減できる点がバーチャルステージグのメリットと言えるでしょう。

メリット③第一印象が良くなり買い手がつきやすい

3つ目のメリットは、物件の第一印象が良くなることです。
物件の印象は成約するかどうかの重要な決め手になるため、宣材写真に力を入れることは不動産売却を有利に進めることに結びつきます。
視覚からの情報は影響を及ぼしやすいと一般的に考えられているため、写真で物件の良さを表現することは文面や口頭で伝えるよりも、効果的だと言えるでしょう。
不動産の早期売却をお考えの方は、バーチャルステージングを利用することによってスムーズに進められるのではないでしょうか。

不動産売却に有利!バーチャルステージングのやり方とは?

不動産売却に有利!バーチャルステージングのやり方とは?

バーチャルステージングを不動産売却に活用したいとお考えの方は、やり方について知っておきましょう。
最後に、依頼先や費用などバーチャルステージングのやり方についてご紹介します。

専門の会社に依頼する

バーチャルステージングはCGを活用する専門的な技術が必要なので、良質な仕上がりを求めるのであれば専門会社に依頼するやり方をおすすめします。
広角レンズを用いて撮った写真に、統一感を持たせたインテリアを配置すると、人を惹きつける仕上がりになるでしょう。
また、媒介契約の内容にもよりますが、販促活動の一環としてバーチャルステージングをおこなっている不動産会社も存在します。
売却を依頼する不動産会社でもサービスをおこなっている場合があるので、確認してみると良いでしょう。

費用

バーチャルステージングにかかる費用は、1〜5万円ほど見積もっておきましょう。
「モダン、ナチュラルなどインテリアのパターンを数種類用意したい」「リビング・ダイニング・書斎など何部屋か撮りたい」など、やり方の希望によって金額が異なります。
また、既存の家具を消す作業の有無によっても金額が左右されることも認識しておきましょう。

まとめ

バーチャルステージングとはコストが最小限でありながら売却に効果的なサービスであり、早期売却をお考えの方におすすめの販売手法です。
専門会社に依頼するというやり方と、売却を仲介する不動産会社に依頼するやり方があります。
物件が多くの方の目に留まるように、バーチャルステージングを利用してみましょう。


”売却コラム”おすすめ記事

  • 空き家にも火災保険は必要なのか?加入できる条件や注意点も説明の画像

    空き家にも火災保険は必要なのか?加入できる条件や注意点も説明

    売却コラム

  • 売却理由が家の売却価格に影響を及ぼすのは本当?伝え方の注意点をご紹介の画像

    売却理由が家の売却価格に影響を及ぼすのは本当?伝え方の注意点をご紹介

    売却コラム

  • 不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめな方をご紹介の画像

    不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめな方をご紹介

    売却コラム

  • 空き家を売却する最適なタイミングとは?相場の動向や築年数から検討しようの画像

    空き家を売却する最適なタイミングとは?相場の動向や築年数から検討しよう

    売却コラム

  • 空き家に残された仏壇はどうするべき?仏壇処分の方法や手順を解説の画像

    空き家に残された仏壇はどうするべき?仏壇処分の方法や手順を解説

    売却コラム

  • マンション売却の確定申告!申告が必要な理由や手続きの流れを解説の画像

    マンション売却の確定申告!申告が必要な理由や手続きの流れを解説

    売却コラム

もっと見る