中古マンション購入時に気持ち良く入居できるハウスクリーニングとは?の画像

中古マンション購入時に気持ち良く入居できるハウスクリーニングとは?

購入コラム

中古マンション購入時に気持ち良く入居できるハウスクリーニングとは?

中古マンションは、価格がリーズナブルなメリットがありますが、使用感が気になる場合があるかもしれません。
しかし、そのような懸念点を払拭し、新居となるマンションに気持ち良く入居するための方法の1つがハウスクリーニングです。
そこで今回は、ハウスクリーニングとは何か、作業内容や費用と併せてご紹介します。
立地や間取りなどが希望どおりでありながら使用感が気になって購入を迷われている場合など、中古マンション購入をご検討中の方は、ぜひご参考にしてみてください。

この記事の執筆者

このブログの担当者  木下 康裕

株式会社キーポイント代表取締役
タワマン・マンション・戸建て・土地・事業用の不動産売却・購入をご担当させて頂きます。不動産経験15年以上、大手不動産会社出身の担当者がワンツーマンでお客様の不動産売却をお手伝いします!!私は一度きりのお取引で終わるのではなく末永くおつきあい頂ける仲介を目指しております。不動産のことなら、お気軽にご相談をお待ちしております。

中古マンション購入時に知っておきたいハウスクリーニングとは?

中古マンション購入時に知っておきたいハウスクリーニングとは?

まずは、中古マンション購入時に知っておきたいハウスクリーニングとは何か、ご紹介します。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、掃除方法に精通した専門家が業務用の特殊な洗剤や専用の道具などを利用して掃除をおこなうサービスのことです。
一般には出回っていない強力な洗剤や高圧洗浄機などの道具を活用することによって、素人では見つけられなかったり、落とせなかったりした汚れをきれいにしてもらえます。
そのため、中古マンションの使用感を抑え、気持ちの良い環境で新生活をスタートできることがメリットです。

ハウスクリーニングと家事代行の違い

ハウスクリーニングと混同しやすいサービスとして家事代行サービスがあります。
家事代行サービスは、掃除に限らず、居住者が日常的におこなう家事を代行するサービスです。
そのため、掃除をおこなう場合は、居住者が普段使用している洗剤や道具を利用します。
あくまでも、日常生活のなかでおこなわれる一般的な範囲の掃除とご認識ください。
一方、ハウスクリーニングは、手の届きにくい場所や汚れが落としにくい場所などを徹底的にきれいにすることが目的です。
このようなことから、家事代行サービスとハウスクリーニングでは、掃除の仕上がりに違いがあるといえます。

ハウスクリーニングの費用負担は売主と買主のどちら?

中古マンション購入時にハウスクリーニングをおこなう場合、費用負担はどちらか明確には決まっていません。
賃貸物件の場合は、不動産オーナーや管理会社が入居者の退去後にハウスクリーニングをおこないます。
しかし、売買物件の場合、設備や建物の大きな不具合については売主が修繕しなければなりませんが、ハウスクリーニングの義務はありません。
売買契約時に売主が買主へ不具合がある旨を伝え、修繕はおこなわず、値引きによって対応するケースもあります。
そのため、少し傷んでいたり、汚れていたりする程度の場合は、現状での引き渡しとなる可能性が高いでしょう。
このようなケースでは、買主の費用負担でハウスクリーニングをおこなう必要があります。
ただし、好条件で売却するため、売主がすでにハウスクリーニングをおこなっているケースもあります。
仕上がりに納得できれば買主の費用負担はありませんし、気になる場所があれば費用を支払い、追加でハウスクリーニングをおこなう流れになるでしょう。

▼この記事も読まれています
家の購入時にペアローンを利用するメリット・デメリットとは?特徴もご紹介

中古マンション購入時のハウスクリーニングの作業内容

中古マンション購入時のハウスクリーニングの作業内容

次に、中古マンション購入時におこなうハウスクリーニングには、どのような作業内容があるのか、ご紹介します。
一口にハウスクリーニングと言っても顧客のニーズに合わせたさまざまなプランがあるため、基本的な作業内容のほか、オプションについても見ていきましょう。

基本的な作業内容

ハウスクリーニングをおこなう基本的な場所は、キッチン・浴室・トイレ・洗面所・ベランダ・玄関・居室・廊下や階段・窓やサッシなどです。
また、エアコンの内部フィルターなどの設備の掃除も基本作業に含まれるケースが多いでしょう。
それぞれの場所に応じて天井や床を掃除するのはもちろん、水回りは蛇口や排水口の汚れ除去、うろこ落としなど、念入りに作業してもらえます。
家の顔になる玄関は、ドアや土間、下駄箱などが作業の対象です。
先述したように、日常的な掃除の範囲を超えた場所まで徹底的に作業をおこなうため、1Rや1Kのマンションでも6時間以上の時間を要します。
もっと広い間取りであれば、日をまたぐ場合があるかもしれません。
そのため、中古マンション購入時にハウスクリーニングをおこなうのであれば、引っ越しのスケジュールにゆとりをもっておいたほうが良いでしょう。

オプションになることが多い作業内容

中古マンション購入時にハウスクリーニングを依頼する場合は、今後の住み心地を考慮してオプションを検討し、細かい場所まで作業をおこなうことをおすすめします。
オプションを利用したハウスクリーニングは、資産価値の維持にも役立ちます。
オプションになる主な作業内容は、次のとおりです。

●ガラスや鏡のコーティング
●水回りのコーティング
●フローリングのコーティングやワックス
●壁紙クリーニング
●シールはがし
●エアコンの分解洗浄
●網戸の張り替え


中古マンションは一戸建てとは異なり、窓やベランダは「共用部分」とみなされます。
そのため、室内と同じような利用やリフォームなどの作業ができない可能性があることを覚えておきましょう。
窓やベランダの作業をおこなう場合は、事前に購入予定の中古マンションの管理規約で問題がないか確認しておくことが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産は個人売買できる?そのリスクやメリット・デメリットをご紹介

中古マンション購入時のハウスクリーニングの費用相場とは?

中古マンション購入時のハウスクリーニングの費用相場とは?

最後に、中古マンション購入時のハウスクリーニングの費用相場についてご紹介します。
中古マンションの購入にともなってハウスクリーニングをおこなう場合、基本的には部屋の広さや間取りによって費用が異なります。
マンションや一戸建てといった住宅形態によって費用が変わることはありませんが、ロフトや納戸、水回りが複数あるなど、手間が増える場合は、費用が高くなるかもしれません。
また、居住中の物件と空室の物件を比較した場合、養生などの手間が少ない空室の物件のほうが費用負担は少なくなります。

空室クリーニングの費用

中古マンション購入時のハウスクリーニングは、入居前の空室時におこなうことが多いので、ここでは空室時の間取り別の費用相場について見ていきましょう。

●1R・1K:1.8万円~2.1万円
●1DK・2K:2.2万円~2.5万円
●1LDK・2DK:2.8万円~3.1万円
●2LDK・3DK:3.9万円~4.2万円
●3LDK・4DK:4.2万円~4.5万円
●4LDK以上:4.6万円~


なお、スポット的に気になる場所だけ作業することも可能ですし、先述したように基本内容に加えてオプションを利用することも可能です。
上記は基本的な作業内容をおこなった場合にかかる費用の目安としてご参考にしてみてください。

クリーニング費用を抑える方法

中古マンション購入時のハウスクリーニングの費用を抑えたい場合、閑散期に依頼する方法があります。
ハウスクリーニングの依頼が多い時期は、引っ越しが多くなる3月、大掃除がおこなわれる12月です。
可能であれば、この時期を避けて依頼すると良いでしょう。
とくに9月と10月は閑散期にあたり、価格交渉がしやすい時期です。

▼この記事も読まれています
セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いや審査基準も解説

まとめ

ハウスクリーニングは、素人では見つけられなかったり、落とせなかったりする汚れを専門家の特殊な洗剤や道具で徹底的にきれいにしてもらえるサービスです。
中古マンション購入時におこなうことによって清々しい気持ちで新生活を始められるでしょう。
ただし、ハウスクリーニングを検討する場合、作業範囲や内容によって費用が異なることへの留意が必要です。
費用を抑えるには閑散期を狙う方法があるため、スケジュールにゆとりがある方は、検討してみてはいかがでしょうか。


”購入コラム”おすすめ記事

  • 風水で間取りが良いマンションの特徴は?良くない場合の対処法を解説の画像

    風水で間取りが良いマンションの特徴は?良くない場合の対処法を解説

    購入コラム

  • マンションの子ども部屋の必要性は?いつから必要かレイアウトについて解説の画像

    マンションの子ども部屋の必要性は?いつから必要かレイアウトについて解説

    購入コラム

  • リノベーションマンションの購入はおすすめ?メリット・デメリットをご紹介の画像

    リノベーションマンションの購入はおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

    購入コラム

  • 中古マンションの購入前に知っておきたいこと!管理組合のポイントをご紹介の画像

    中古マンションの購入前に知っておきたいこと!管理組合のポイントをご紹介

    購入コラム

  • 派遣社員でも住宅ローンは利用できる?審査を通過するコツをご紹介の画像

    派遣社員でも住宅ローンは利用できる?審査を通過するコツをご紹介

    購入コラム

  • マンション購入時の手付金とは?キャンセル時の扱いをご紹介の画像

    マンション購入時の手付金とは?キャンセル時の扱いをご紹介

    購入コラム

もっと見る