大阪市中央区周辺のタワーマンション・不動産売買|株式会社キーポイント > 株式会社キーポイントのスタッフブログ一覧 > ペットのためのマンションリノベーション!事例や注意点について

ペットのためのマンションリノベーション!事例や注意点について

≪ 前へ|遺留分侵害額請求とは?相続前に知っておきたいポイントをご紹介   記事一覧   オーナーチェンジ物件は売却しにくい?売却を成功させる方法とは!|次へ ≫
カテゴリ:リフォームコラム

ペットのためのマンションリノベーション!事例や注意点について

ペットは大切な家族であり、ペットと飼い主の双方にとって快適な住居を求める方は多いです。
マンションでペットを飼う方は増加していますが、ペットが過ごしやすい住居は少ないのが現状です。
そこで、ペットが長く快適に暮らせるリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。
この記事では、ペットのためのマンションリノベーションとはどのような内容か、事例や注意点をご紹介します。

この記事の執筆者

このブログの担当者  木下 康裕

株式会社キーポイント代表取締役
タワマン・マンション・戸建て・土地・事業用の不動産売却・購入をご担当させて頂きます。不動産経験15年以上、大手不動産会社出身の担当者がワンツーマンでお客様の不動産売却をお手伝いします!!私は一度きりのお取引で終わるのではなく末永くおつきあい頂ける仲介を目指しております。不動産のことなら、お気軽にご相談をお待ちしております。

ペットのためのマンションリノベーションとは

ペットのためのマンションリノベーションとは

いくらマンションが新しく、設備が整っていたとしても、ペットにとって良い環境かどうかはわかりません。
ペットのためのリノベーションとはなにか、目的や内容を知り、ペットが快適に暮らせる環境について理解を深めていきましょう。

ペット可マンションでは駄目なの?

ペットと人間とでは体の作りや動きが異なるため、通常のマンションでの生活はペットの体に負担がかかったり、怪我や事故を招いたりするリスクがあります。
ペットの飼育を希望する入居者は多いため、ペット可のマンションは増えていることは事実です。
しかし、ペット可とうたっているからといって、ペットに配慮された設計であるとは限りません。
あくまでも「ペットの飼育が許可されているマンション」だということを認識しておきましょう。
ペットが暮らしやすい環境に整えるためには、ペットの生活や体を理解してリノベーションすることが最適だといえるでしょう。

安心・安全を重視したリノベーション

ペットのためのマンションリノベーションは、ペットの安心と安全を確保するためにおこなわれます。
ペットにとって最適な室内環境にするには、健康面・衛生面・安全性・利便性の4つのポイントを押さえることが大切だといわれています。
各項目ごとの内容を見ていきましょう。
健康面
ペットが元気に長生きするには、健康面に対する配慮は重要なポイントです。
ペットの体の特徴や生活スタイルを把握して、ストレスとなる要素は取り除きましょう。
段差や滑りやすい箇所があると、怪我や関節を傷める原因になります。
ドアの開閉時に、足やしっぽを挟むことを防ぐ工夫も必要です。
衛生面
ペットを飼うと、どうしても排泄物やペット自体のにおいが気になる場合があるでしょう。
ペットが放つにおいを抑えることはできませんが、リノベーションによってにおいを感じにくくすることや、室内全体ににおいが充満するのを防ぐことは可能です。
衛生面に配慮したリノベーションとは、換気システムを導入したり、通気性の良い間取りにすることが挙げられます。
強いにおいを放つタイプのペットを飼育している方は、取り入れてみると良いでしょう。
安全性
住居には、人の暮らしに不可欠なものだとしても、ペットにとって危険が伴うものがあるので注意が必要です。
キッチンや浴槽はペットの安全を確保しておかなければ、事故に繋がる危険があります。
クローゼットや洗濯機など、ペットが誤って侵入し閉じ込められるといけないので、安全に配慮した設計にするとリスクが軽減するでしょう。
利便性
人とペットが快適な暮らしを実現するには、利便性の高さを意識すると良いでしょう。
ペットとのライフスタイルを具体的にイメージして間取りを考慮することがおすすめです。
犬を飼う方は散歩に行くことを考えて、玄関と水回りの配置を近づけたり、玄関スペースを広く確保して足を洗う場所を作ったり、動線に配慮しましょう。

ペットのためのマンションリノベーションの事例について

ペットのためのマンションリノベーションの事例について

ペットのためにマンションをリノベーションすることは、ペットの安全や健康の確保、生活の快適性の向上に繋がります。
ペットのためのマンションリノベーションとはどのような種類があるのか、具体的な事例をご紹介します。
3つの事例をご参考いただき、ご自身の家やペットにはどのリノベーションが合っているかご検討ください。

リノベーションの事例①床

本来、動物は外で生活しているため、家に使われているなめらかな床材は滑りやすく、ペットに適しているとはいえません。
踏ん張ることができずに転倒したり、滑らないようにするために常に不自然な歩き方をして関節や足腰を痛めたり、健康を害する原因になります。
そのため、床の材質を変えるリノベーションはペットの健康を守るために効果的です。
ペットが歩きやすいタイプのクッションフロアや、滑りにくい床材が各社から出ているので、インテリアやお好みに合うものを選びましょう。
また、小さなペットはすこしの段差でもつまずきやすく、足腰の怪我の原因になります。
家の段差をできる限りなくし、バリアフリーにすることで過ごしやすいマンションになるでしょう。
ペットの動きは活発なので、走り回れる環境になるように室内の段差を取り除くリノベーションはおすすめです。

リノベーションの事例②クロス

マンションでペットを飼う場合、ペットの排泄物やエサのにおいが室内に充満してしまうとお悩みの方も多いでしょう。
ペットのにおいが気になる方は、壁紙を消臭機能があるクロスに変更することがおすすめです。
クロスの機能は消臭効果だけでなく、汚れがつきにくいものや、傷に強いタイプもあります。
猫や爪が鋭利なペットを飼うときは室内の損傷が気になりますが、あらかじめ高機能のクロスにしておくと家主のストレスが軽減するでしょう。

リノベーションの事例③間取りをゾーニングする

家づくりにおけるゾーニングとは、用途が似ている部屋をひとまとめにして大枠を決めてから間取りを配置する方法です。
家のなかには、玄関やキッチン、お風呂など、ペットには危険な場所があります。
ペットが自由に出入りできるゾーンをあらかじめ分けてから間取りをプランニングしてみてはいかがでしょうか。
ペットを侵入させない場所には柵やゲートを配置して、安全を守りましょう。
ゾーニングの事例はペットの安全だけでなく、家族にアレルギーを持つ方がいる場合にも有効です。
寝室やクローゼットにペットが入って毛やにおいがつくとアレルギーが悪化するケースがあります。
健康を害すことなくペットと心地良く暮らすために、ゾーニングをおこなうリノベーションをご検討ください。

ペットのためのマンションリノベーションの注意点とは

ペットのためのマンションリノベーションの注意点とは

ペットが元気に暮らせるようにマンションリノベーションをお考えの方は、以下の注意点に気をつけて計画を進めましょう。

注意点①ペット可のマンションかを確認する

リノベーションをおこなううえで大事な注意点は、マンションがペット可なのかどうかを管理規約によって正式に確認することです。
近年はペットの飼育を許可しているマンションが多いですが、ペットが飼えないマンションもあります。
また、ペットの大きさや種類に限りはあるのかどうかも確認が必要です。
以上の注意点を怠ると、せっかくリノベーションをしてもペットとの生活ができないので、前もって確認しておきましょう。

注意点②工事によるペットのストレスを軽減させる

注意点の2つ目は、ペットの性格や体調を理解したうえでリノベーション工事をおこなうことです。
リノベーションの箇所が一部の場合や、簡易的なリノベーションをおこなうときは、住みながら工事をおこなうことも可能です。
ただし、工事はペットにとって大きなストレスになることを認識し、適切な対応をおこないましょう。
「工事をしない場所をペットが過ごす部屋として使う」「工事期間はペットホテルや知人宅に預ける」などが対策として挙げられます。
事前に工事期間を把握し、どのように過ごすのがベストかを検討しておきましょう。

まとめ

ペットと快適に暮らすためには住居を整えることが大切です。
今のマンションの環境が、ペットにとってストレスが大きいと感じる場合は、リノベーションをご検討ください。
ご紹介した事例と注意点を参考に、ご家族とペットが安全に心地良く暮らせる家づくりを計画してみてはいかがでしょうか。


≪ 前へ|遺留分侵害額請求とは?相続前に知っておきたいポイントをご紹介   記事一覧   オーナーチェンジ物件は売却しにくい?売却を成功させる方法とは!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


堺市東区北野田売土地

堺市東区北野田売土地の画像

価格
590万円
種別
売地
住所
大阪府堺市東区北野田
交通
北野田駅
徒歩11分

梅田ガーデンレジデンス

梅田ガーデンレジデンスの画像

価格
2億3,000万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目
交通
梅田駅
徒歩3分

東大阪市若江南町5丁目新築戸建 A号地

東大阪市若江南町5丁目新築戸建 A号地の画像

価格
3,480万円
種別
新築一戸建
住所
大阪府東大阪市若江南町5丁目
交通
若江岩田駅
徒歩21分

梅田ガーデンレジデンス

梅田ガーデンレジデンスの画像

価格
1億2,500万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目15-16
交通
梅田駅
徒歩3分

トップへ戻る