中古マンションの売却で作成されるマイソクとは?マイソクの重要性を解説の画像

中古マンションの売却で作成されるマイソクとは?マイソクの重要性を解説

売却コラム

中古マンションの売却で作成されるマイソクとは?マイソクの重要性を解説

普段の生活では聞き慣れない「マイソク」という言葉ですが、中古マンションの売却を検討している場合は、ぜひ知っておきたい不動産用語の1つです。
マイソクを上手に利用することで、中古マンションの売却をスムーズに進める効果が期待できます。
今回は、中古マンションを売却する際に知っておきたいマイソクの特徴や魅力を引き出すポイント、マイソクの重要性についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションの売却で重要なマイソクとは

中古マンションの売却で重要なマイソクとは

中古マンションの売却にも効果的な、マイソクの特徴や費用について解説します。

マイソクとは

マイソクとは、紙1枚に物件の概要やアピールポイントをまとめた広告のことで、広告図面や募集図面などとも呼ばれています。
不動産会社の店頭に不動産広告が貼られているのを見かけると思いますが、それらの広告図面がマイソクに該当します。
不動産業界用語の1つとして知られるマイソクですが、もともとは不動産会社の図面を作成していた会社名が、名前の由来になったそうです。
マイソクは不動産会社内で作成や印刷もできるため、わざわざ印刷会社に大量に印刷の発注をする必要もありません。
新築マンションのように多額の広告費用をかけずに物件の宣伝ができるため、中古マンションの販売活動にも便利な宣伝方法として活用できます。
マイソクは店頭広告だけでなく、顧客への配布や折込チラシ、インターネットへの掲載など、さまざまな場面で利用が可能です。
また、顧客だけでなく、他の不動産会社に物件を紹介する際にもマイソクが利用されています。
不動産会社だけが閲覧できるネットワークシステムのレインズには、マイソクを登録することができます。
レインズに登録することで、多くの不動産会社に物件情報が共有され、スムーズな売却へとつながる効果が期待できるのです。

マイソクに記載される内容

中古マンションのマイソクに記載される内容は、主に次のようなものがあげられます。

間取り図や面積
マイソクは、間取り図と方角が並んで掲載されるため、部屋ごとの日当たりもひと目でわかることが特徴です。

物件の価格
物件の価格や管理費・修繕積立金などの金額が記載されます。
また、敷地内に駐車場があるかどうかも記載され、ある場合は使用料も記載されます。

物件の概要
建物の構造や築年数、所在地、最寄り駅まで徒歩◯分などの物件概要も記載される事項です。
住所に関しては詳しく記載されないことも多いので、詳細を知りたい場合は、不動産会社に問い合わせることになります。
このように、マイソクには1枚の中で物件の概要がすべてわかることが特徴です。
上記の物件情報に加え、アピールポイントや物件写真なども掲載できるため、多くの宣伝効果が期待できます。

基本的に費用は不動産会社の負担

マイソクを作成する費用は、基本的に不動産会社の負担となるため、売主が支払うことはありません。
ただし、通常の宣伝とは異なる特別な広告を売主が依頼した場合、その費用を売主が負担する可能性もあります。
そのような場合でも、売主の許可なしに勝手に費用がかかる広告掲載をして、後から請求されることはありません。
広告掲載の費用について不安がある場合は、事前に不動産会社に確認しておくと良いでしょう。

中古マンションの売却で物件の魅力を引き出すマイソクのポイントとは

中古マンションの売却で物件の魅力を引き出すマイソクのポイントとは

中古マンションを売却する際は、どのようなマイソク作りが物件の魅力を引き出すポイントになるのかご紹介します。

カラーで作成する

中古マンションとマイソクというワードで画像検索をするとわかりますが、白黒のものからカラーのものなどさまざまなタイプのマイソクがあります。
中古マンションの魅力を引き出すためには、白黒よりもカラーでマイソクを作成するのがポイントです。
購入希望者に内覧したいと思ってもらうためには、第一印象が大切です。
カラーのほうが中古マンションの印象も伝わりやすく、白黒よりも第一印象が良くなります。

写真を掲載する

マイソクで中古物件の魅力を引き出すには、写真を掲載することも大切なポイントです。
外観の写真やできれば室内の写真もあると良いでしょう。
写真があることで文章だけの場合よりも、住んだ後の生活のイメージが広がりやすくなります。
エントランスや設備が豪華な場合は、写真を掲載することで自然と物件のアピールもできます。
眺望が良い物件でも「眺望良好」と文章で書くだけよりも、眺望の写真を掲載するほうが伝わりやすいでしょう。
また、周辺に便利な商業施設や学校がある場合も、物件のアピールポイントとして写真を掲載する方法もあります。

物件の強みを掲載する

マイソクには、駅やバス停が近く交通アクセスが良いなど、物件の強みであるアピールポイントを掲載することが大切です。
食洗機が搭載されている、オートロックや宅配ボックスが設置されているなど、買主が魅力に感じる物件の強みを記載します。
マイソクはソフトで作成したり外注で作成したりと、不動産会社それぞれの方法によって作成が進められます。
けれども、日当たりや通風、環境の良さなど、住んでいる売主だからこそわかる物件のアピールポイントもあるはずです。
中古マンションの査定時や媒介契約締結時には、マイソク作りの参考にしてもらえるよう、物件のアピールポイントをしっかりと不動産会社に伝えておきましょう。

中古マンションの売却におけるマイソクの重要性とは

中古マンションの売却におけるマイソクの重要性とは

中古マンションを売却する上で、マイソクにはどのような重要性があるのか解説します。

すべての年齢層にもわかりやすい広告

一昔前までは、物件情報を得るためには不動産会社まで足を運び、マイソクを受け取るのが当然の時代でした。
スマートフォンやパソコンが普及する現代では、どこにいても簡単に物件探しができるため、マイソクの重要性を感じられないかもしれません。
けれども、1枚の紙に物件の情報やアピールポイントを記載したマイソクは、物件の情報がダイレクトに入ってくるため、幅広い年齢層にわかりやすいメリットがあります。
また、インターネットを利用しない方にも物件の情報を伝えることができるため、依然として広告としての重要性が高いのです。

近隣の方からの反響が期待できる

マイソクは不動産会社の店頭に貼られることが多いため、通りかかった近隣の方に物件をアピールできるメリットがあります。
本格的に物件探しをしていない方でも、店頭に貼られたマイソクに興味を持てば、内覧に結びつく可能性もあります。
歩きながら気軽に物件探しができるマイソクは、売主だけでなく購入希望者にとっても重要性の高い広告といえるでしょう。

物件のアピールポイントがわかりやすい

購入希望者がインターネットから内覧を申し込んだ場合でも、内覧の当日には不動産会社からマイソクを渡してもらうことが一般的です。
その際、アピールポイントが大きく書かれたマイソクは、改めて物件の魅力をわかりやすく購入希望者に伝えるメリットがあります。
たとえば、日当たり良好と箇条書きで書かれた情報よりも、日当たり良好と太字で書かれた横に室内の明るい写真を載せるほうが、与える印象も強くなります。
アピールポイントを効果的に演出するためにも、マイソクは重要性が高く積極的に活用したい広告ツールといえるしょう。

まとめ

中古マンションの売却にも利用されるマイソクの概要や物件の魅力を引き出すポイント、重要性について解説しました。
マイソクをカラーで作成したり写真を載せたりすることで、物件の印象が良くなり、アピールポイントも伝わりやすいメリットがあります。
中古マンションの魅力を1枚にまとめられるマイソクは、ネットが普及する現代でも、重要性の高い広告ツールといえるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

”売却コラム”おすすめ記事

  • 空き家にも火災保険は必要なのか?加入できる条件や注意点も説明の画像

    空き家にも火災保険は必要なのか?加入できる条件や注意点も説明

    売却コラム

  • 売却理由が家の売却価格に影響を及ぼすのは本当?伝え方の注意点をご紹介の画像

    売却理由が家の売却価格に影響を及ぼすのは本当?伝え方の注意点をご紹介

    売却コラム

  • 不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめな方をご紹介の画像

    不動産売却のセカンドオピニオンとは?必要性やおすすめな方をご紹介

    売却コラム

  • 空き家を売却する最適なタイミングとは?相場の動向や築年数から検討しようの画像

    空き家を売却する最適なタイミングとは?相場の動向や築年数から検討しよう

    売却コラム

  • 空き家に残された仏壇はどうするべき?仏壇処分の方法や手順を解説の画像

    空き家に残された仏壇はどうするべき?仏壇処分の方法や手順を解説

    売却コラム

  • マンション売却の確定申告!申告が必要な理由や手続きの流れを解説の画像

    マンション売却の確定申告!申告が必要な理由や手続きの流れを解説

    売却コラム

もっと見る